Warning: Undefined variable $post in /home/illt00111/public_html/wp/wp-content/themes/wbt/src/functions.php on line 410

Warning: Attempt to read property "ID" on null in /home/illt00111/public_html/wp/wp-content/themes/wbt/src/functions.php on line 410

【第5回】Rajshree Pathy氏 Rajshree Group of Companiesチェアパーソン兼マネージングディレクター vol.4

Date 2019.07.16

インド経済界を代表する女性経営者で南インド大企業のオーナーでもあり、KAMA AYURVEDAの化粧品の会社を2002年に立ち上げた創業者としても知られるRajshreeさんが来日するとKAMAの社長から連絡を受け東京でお目にかかる機会を得ました。6月と7月にそれぞれ3日間づつ滞在されましたが、初めてお目にかかったときからすっかりその温かい人柄と聡明なお話にすっかり魅せられてしまいました。

現在はシンガポールとインド半々の生活を送り、8代続く砂糖産業の会社、自動車、繊維の会社の経営をしながら、Design India FoundationというTEDに似た非営利の財団をつくりデザインやアートの活動にも力をいれられています。

今回KAMAを立ち上げた経緯を含めRajshreeさんの考えるWell-BeingとHappinessに関してインタビューをさせていただきました。

谷家理香氏 株式会社ウェルビーイングTOKYO代表取締役
【第1回】高橋百合子氏 E.OCT株式会社代表取締役
【第2回】エドワード鈴木氏 鈴木エドワード建築設計事務所代表
【第3回】日沖健氏 日沖コンサルティング事務所代表
【第4回】杉山文野氏 トランスジェンダー活動家

幸せのために必要なもの

谷家: 「健康・食・人間関係・仕事・お金・愛」の6つを、大切なもの順に優先順位つけるとしたらどんな順番になりますか?

Rajshree: 人生は健康的な経験だとおもっています。私たち誰もが調和の中で生きていくためにはこれらのもののバランスが取れていることが必要ですが、優先順位をつけるとしたら私の1番は「体と心の健康」です。「食事」も私の中では健康の一部です。毎日の食事が健康な体を作るわけですからそれは切り離せません。アーユルヴェーダでは食事によって、体はもちろんその人そのものが作られると考えられています。食物そのものに「ラジャス(激性)」、「タマス(怠惰)」、「サトヴィック(最高に純粋な状態)」な性質があり、それが人の性質にも影響をもたらしますから健康を考えるうえで切っても切れないものです。その人が楽天的か悲観的かということにも重大な関連性があるのです。

Conscious Mind・大いなる意識(宇宙意識)と心が繋がっているということがとても大切です。心と体のためのヨガや瞑想はそのために最も重要なことです。ヨガは包括的様々な形で働きかけてきます。この気づきがあれば他の事、例えば健康的な食事の習慣や、人間関係や仕事やお金といった事に関する問題は解決されバランスが取れてくるとおもいます。

「愛」は過大評価されている?

2番目を選ぶとしたら「人間関係」ですね。「人間関係」には「愛」も入ります。だから2番目は「人間関係」と「愛」です。私は「愛」という言葉自体が一般的に過剰に評価されすぎていると思っているのです。

谷家:「愛」を過大視されているというのはどういう意味ですか?因みに私は1番目に「愛」を選びました。人間も動物、植物、木や自然、この世の中にあるすべてのものは愛から生まれていると思ったので。さっきあなたが言っていたConscious Mind(大いなる意識、宇宙意識)を私は「愛」だと理解していて、すべてはそこから生まれているとおもっているからです。

Rajshree:「愛」が過大評価されているといった意味は、もともと「愛」はどこにでも存在しているものだからです。例えば「自分自身を愛する」ということ、それで自分を大切にすれば健康になるし、「世界を愛する」ということは世界をより良くすることをすることです。つまり「愛」とは1人の人に向けられるものではないということです。「愛」はそこかしこに存在します。だからすべての「人間関係」には「愛」がありますしそれは切り離すことはできないのです。

谷家:愛がすべてにあるというのはとても共感します。そしてその後の解釈がとても面白いですね、1人の人という意味で固執すると狭くなるし、時にそれが人を苦しめることになりますものね。
 
点と点をつなぐコネクター

Rajshree:「人間関係」と「愛」はそういった意味でとても大切ですが、私は私たちが一番初めに「愛ある人間関係」を結びたい相手は「自分自身」だと考えています。自分自身の体に対して満足していたいし、自分らしくしている自分に満足していたい、つまり自分自身とよく対話し、その関係性に十分満足していてこそ、次のステップとして他人との人間関係が築かれるべきです。あなたが回りに発するエネルギーが、他の人を魅了してその人たちがあなたの人生に入ってくる。そしてコミュニケーションが広がり人間関係か築かれて世界を広げてゆきます。私たちは人間関係なしに生きていくことはできません。人間関係はコミュニケーションそのものだからです。どんな人も人間であるかぎりたった一人では生きてゆくことはできません。人間関係はコミュニティーを作り、そして絆を作ってゆきます。

私は「コネクション」という言葉が好きなんです。なぜなら私自身が「コネクター」繋がりを作ってゆく人間だからです。私は点と点をつなげていっているのです。人と人、きっかけ、出会い、チャンス、もの、そういったものを私は繋げていっています。それはパワーそのものですよね?これは私にとって本当に大切なことなのです。

理香は私の人生に入って来ましたね、それは私たちが同じものを愛しているからです。大事なことは心と体の健康、Well-Beingであること、より良い人間関係、愛、そういった事です。すべて全体が大切なのでどれが一番だということでは本来ないのでが、あえて順番をつけるのであれば健康ですね、それがないと人間関係を築くことができないし他のことはないので。

お金の目的は?

谷家:本当にそうですね、同じ価値観を持つことで私もRajshreeさんにこうした出会えたことに感動します。本来ならインドと日本遠く離れていて、今回日本に立ち寄るということでKAMAの社長のVivekにメールをもらっていなければ、まったく出会っていなかったわけですから、この出会いに感謝の気持ちしかないです。

3番目に選ぶとしたら何になりますか?残りは「仕事」と「お金」ですけれども。

Rajshree:「仕事」は大切です、そして「お金」ももちろん大事です。「仕事」は「お金」と「富」を生み出すものです。そして「お金」というのは力そのものです。富を築くことができればもっと社会に還元することができるからです。お金があれば他の人の仕事を作り出すことができるし、機会も創出できるのです。私の考えでは特にインドのような国の出身だと特にとても大切なことなのです。富を必死にしがみつかなければ、何も実現することができないのです。

谷家:なるほど。それは日本人の一般的感覚とは確かに違うかもしれません。日本人はお金と仕事をもっと個人的な問題として捉えている人が多いとおもいますね。それは国の情勢の違いやある意味、全員平等という意識が浸透していますから。

Rajshree:もちろん私はラグジュアリーなものに対して尊敬の念もあります。お金があれば美しい洋服を買うことはできるわけです。

谷家:確かに(笑)。でもお金を沢山もっているということは、責任ももっとあるということでもありますよね?

Rajshree:その通りです。理香にとって「お金」の目的は何ですか?大きな家やダイヤモンドを買うためのものですか?

谷家:目的ですか?今私は新しいビジネスを創りたいとおもっているところなので、お金はその新しい社会を作るための燃料、エンジンみたいなものですね。KAMAやウェルビーイングのビジネスの種を撒いて育てて、花を咲かせなければならないのでそのための燃料です。

Rajshree:そうでしょ、お金を使うことにより色々準備して、人を雇って「暮らし」を創りだすわけですよね。三菱銀行やサムソンやそういった大企業は多くの人々の暮らしを支えているわけだけれど、多くの人の暮らしのスポンサーシップをしているわけですけれど、お金を使うことによってそれが可能になっているわけです。「お金」や「富」を還元しているわけです。

谷家:循環させる必要があるわけですよね。種を撒いて育ててまた種をまくと。

Rajshree:そうです、今日行った森美術館、森ビルディングが美術館を作ったわけですけれどあの美術館は多くの人が訪れてアートの恩恵を受けています。富を築くということ自体が「創出」なのです。富を築くのと同時にそれをどう還元するのかをいうことをマクロレベルで考えていく必要があるのです。

谷家:そういう意味でもあなたはクリエーターでありデザイナーでもあるわけですね?

Rajshree:そうです(笑)私はとても創造的な人間なのです。

Well-Beingとは自分自身が自分自身に満足していること

谷家:3番目に質問は「あなたの人生の目的(目標、使命、ゴール、目指しているもの)はなんですか?」です。

Rajshree:私の人生の使命は「コネクター」、いろいろな人や機会を繋げる人であることです。私は自分がとてもクリエイティブで人生の無限の可能性を信じることができる人間であることにとても感謝しているのです。例えばKAMA AYURVEDAはその1つのアイデアです。アーユルヴェーダの伝統に基づいた本物の化粧品を創るというアイデアは私の家族が代々アーユルヴェーダだけで病気を治癒してきたという経験に由来しています。ですから私はこの素晴らしいメソッドを純粋なアーユルヴェーダの製品として、現代のどの国に生活する人にもマッチする形で世界に広げなければならないと感じたのです。

谷家:そうですね、私もRajshreeさんの思いのこもったKAMA AYURVEDAに出会えて大変うれしくおもっています。

最後の質問になります。「あなたにとってWell-Beingウェルビーイングとはなんでしょうか?」

Rajshree:私にとってのWell-Beingとは私が私自身に満足して満たされた人間であるということです。例えば私は「女性」であるということを経験しきったとおもっています。出産を経験しましたし、子供を持ちましたし、男性との人間関係を築きましたし、遺伝子的に父の娘でありました。仕事の上では上司にもなりましたし、様々な雇用も創出しましたし、政府と働き想像していたよりも大きな責任を果たしました。アーユルヴェーダとデザインに関しての種も撒いたのです。こういったことを私の人生で成し遂げれたことに私はとても満足しています。誰にこれを説明したり、証明したりする必要はないのです、私自身が私自身に満足している事がとても重要なのです。「自分自身に対する自信」、これが私を作っています。私自身が私自身であるという存在に対する自信です。私はこのことに関して自身のやり方をもっているのです。

谷家:素晴らしいですね。「自分自身に対する自信」というのはいつから持っていたのですか?小さい時から?

Rajshree:いいえ、違います。私は生前の父の仕事を手伝っていたときや、子供がいて離婚した時にはそんな自信はまったくなかったです。だから色々なことをやろうとしました。「自分自身に対する自信」そういった感情や感覚は、何が起きようが自分は自分だ、とそう心からわかった時にやってくると思います。あなたはあなたで他の誰でもないのです。そうでしょ?いまこの瞬間に、あなたはあなたが思っている通りに存在しているという感覚。自分自身の人生を生きるのです。それが今、私がやっていることです。信じることがとても大切です。

谷家:「私は私、他の誰でもない」ということですね。自分人生の人生を生きる、何がおこっても自分は自分という揺るぎない気持ちが自分自身に対する自信であり、それ自分自身に対して満足しているということでありRajshreeさんのWell-Beingなんですね。素晴らしいですね。そしてあなたにはデザインに関する新たなミッションがありますね?

Rajshree:はい、デザインや手助けなど、私にとって重要でやりたいことが沢山あります。私は毎朝、そういった目的や喜びの気持ち一杯で起きた時に起きるのです。ポジティブなエネルギーから湧き出る素晴らしい気持ちで100%私は私自身なんです。気分良く目覚め、エネルギーに満ちていて生きているという実感に溢れています。その瞬間は私は家族のことも仕事のことも考えません。そうしてしまうとその素晴らしい瞬間を逃してしまうので。

谷家:それは毎朝?

Rajshree:そうです、毎朝です。毎朝喜びであふれているのです。今日も朝起きてホテルの周りを2時間散歩しましたけれど、道端に落ちている水滴がいっぱいついた葉っぱや、緑が美しい樹々、そういったものすべてが喜びです。こういったものを全部私のインスタグラムに載せたの。これを見て。本当にとっても綺麗でしょ?歩いていたのだけれどこの小さな美しい葉っぱが私の足をとめたの。

谷家:本当ですね。すごく綺麗、とっても小さいですね、でもこれ自身が完璧ですよね。先週ハワイのチョプラー博士のリトリートに6日間参加されたってことでしたけれど、行く必要がないみたい。チョプラー博士がおっしゃっていることすでにあなたはよくわかっているし、人生で実践されているのだから。

Rajshree:(笑)これをみて、これは私のガレージのミラー。そこにストライプが映りこんでいて綺麗でしょ。これは美しいものと創造性を結びつけるという選択でもありますよね。私は毎日が楽しみで仕方ないですし、好奇心をもって自分自身を向上させる方法をいつも探しているのです。そして私はいつでも、どこでも世界の美を探しています。それは人生の奇跡ともいえると思います。それを奇跡と思えないのだったら人生は楽しくないですね。

谷家:そうですね、そういう意味では私たちがこうして出会えたのも人生の一つの奇跡ですよね。

Rajshree:そう、これは人生のミラクルね。あと私たちの人生は30年以上あるとしてのこりの私の人生にあなたがずっといるわけだから。お互いもっとよく知り合えるしこれは一つの奇跡ですね。

谷家:こういった出会いこそがまさにWell-Beingだしハピネスだし人生の喜びそのものですね。今日はどうもありがとうございました。

Recommend 関連する『あの人のウェルビーイング』記事

Page Top