Warning: Undefined variable $post in /home/illt00111/public_html/wp/wp-content/themes/wbt/src/functions.php on line 410

Warning: Attempt to read property "ID" on null in /home/illt00111/public_html/wp/wp-content/themes/wbt/src/functions.php on line 410

ディーパック・チョプラ博士が伝える、7つのチャクラメディテーションで心のバランスを保つ方法

体の中を流れるチャクラエネルギーは、その流れと効果をきちんと調整してあげる必要があります。以下の7つの迷走は、それぞれのチャクラとあなたの体のバランスを保つのに役立ちます。

人生は肉眼で見えるものを超越して広がるものです。チャクラを含む目に見えないエネルギーにつながることで、ヒーリングとさらなる成長につながります。7つの瞑想は、背骨に沿った7つの主要なエネルギーセンター(チャクラ)と密接につながっており、生活の中の様々な要素に関連しています。

あなたの現在の状態に合わせた瞑想を1週間続けてみてください。心と身体全体のバランスが高まるでしょう。

1. ルートチャクラRoot Chakra/Muladhara

人生の大きな変化を経験するなどで不安に圧倒されているときは、グラウンディング(地面に触れる)を行い、骨盤にあるルートチャクラを活性化させます。

・屋外で地面に座り、自然とつながりながら瞑想をすることをお勧めします。室内で椅子に座る場合は、足をしっかりと地面につけます。床に寝転がることもできます。

・目を閉じて、意識を背骨の付け根に持って行き、骨盤の下にあるルビー色の球体を想像してください。

・深呼吸をして、一つ一つの呼吸で根を深く広げることを想像してください。息を深く吸い込んで、あなたの中のルビーの球体(ルートチャクラ)からエネルギーを吸い込み、息を吐きながらそのエネルギーをあなたの真下の地球に送り返します。

2. セイクラルチャクラSacral Chakra/Svadisthana

第2チャクラと呼ばれ、おへその下の丹田と呼ばれる場所にあります。何かに行き詰まったり、八方ふさがりの時は、この瞑想を行い、気持ちがスムーズに流れるようにしましょう。

・腰が膝より高くなるように座り、腰回りがリラックスできるようにします。骨盤を数回前後に動かして、仙骨の周りの空間を緩めます。

・骨盤の真ん中に浮かんでいる、燃えるようなオレンジ色の球体を想像します。海の地平線に沈む夕日のように燃えて輝いています。

・海の波を想像しながら呼吸をします。吸い込むときは波が海岸に引き寄せられ、吐きだすと波が海に戻ります。呼吸と呼吸の間で少し停止する時間を持ちます。

・呼吸に注目し、波の流れを想像しながら瞑想することで、固まって詰まった勘定のエネルギーが洗い流される様子を想像します。

3. ソーラープレサスチャクラSolar Plexus/Manipura

自分には価値がない、役立たずである、などの感情を抱えている場合に、この太陽エネルギーチャクラを用いると、あなたの強さを引き出すことができます。勇気や自身などの力を引き寄せましょう。おなかのみぞおちに存在するチャクラです。

・背筋を伸ばしてリラックスして座ります。おなかに手を添えて、時計回りに大きな円を描き10回ほどマッサージします。不快感などで緊張している腹部を柔らかくします。

・強めの呼吸を繰り返します。吸い込むときはおなかを空気で満腹西、吐きだすときは腹部の筋肉をやさしく整えます。何度か繰り返すことで、内側から熱を持ってきます。

・火があなたの中にある不安や閉塞感を燃やしている場面を想像します。呼吸をするごとに鼻から煙が出るような感覚で行ってください。腹部を浄化することで、強さと自信を呼び戻し、行動力が戻ってきます。

4. ハートチャクラHeart Chakra/Anahata

失恋をしたり、孤独を感じているときに行う瞑想です。ハートチャクラに愛情のエネルギーをもたらし、思いやりや回復力、寛大さなどを呼び起こします。

・胸を張って肩を引き座ります。肺はハートチャクラの一部なので、この瞑想は深呼吸をすることが大切です。

・胸全体を照らすエメラルドグリーンの球体を想像することから始めます。そしてこの緑のスペースに息を吹き込むようにして呼吸しましょう。

・数分間呼吸した後、胸の中心の心臓当たりに注意を向けます。ここにはあなたの自己意識を超えた核心が存在します。ここから広がる愛を感じ、あなた自身の中に取り込みます。

5. スロートチャクラThroat Chakra/Visuddha

のどのチャクラです。自分自身を表現することに役立ち、創造性や芸術性が輝きます。

・まず頭と首をそっと回し、あごを柔らかくします。口は開けずに閉じておきます。上歯と下歯を話し、あごまわりをリラックスさせて、背筋を伸ばして座ります。

・のどのあたりに集中をし、きらきら輝く鮮やかなターコイズの宝石を想像してください。あなたの発する言葉、あなたの伝える物語やメッセージ、あなたが作り出すアート、あなたが演奏する音楽を表しています。ここはあなたの心と頭の架け橋にもなっています。ブルーのエネルギーを吸い込み、そして鼻から吐きだします。

・耳からも青いエネルギーが放出していることを想像してみてください。ほかの人の話を聞いたり、内なる声を聴いたりするのに役立ちます。このチャクラのバランスをとることで、コミュニケーションをスムーズに行うことができます。

6. 第3の目のチャクラThird Eye Chakra/Ajna

定期的に第3の目のチャクラで瞑想をすることにより、凝り固まった思考パタ―ンを突破し、より柔軟な想像力を養い、思考やビジョンを明確にすることができます。

・目を閉じて座ります。眉間のスペースに集中をし、エネルギーを貯めます。肉眼は外側をむいていますが、第3の目は内側をむいているといわれています。インディゴブルーや深いロイヤルブルーの色を想像してください。

・目の周りの筋肉をリラックスさせます。額から中脳に向けて意識を向けます。思考が行き来するかと思いますが、それらを雲のように通過させて、意識をあなたの脳の中心に向けます。

7. クラウンチャクラCrown Chakra/Sahasrara

頭のてっぺんにあるチャクラです。精神を統一させ、神・宇宙へつながる接点となります。

・背骨を伸ばして快適に座ってください。背骨の上に蓮の花のように頭がのっているのを想像してください。頭のてっぺんを数回たたき、チャクラポイントを刺激することもできます。

・頭のてっぺんに蓮の花が咲いているのを想像してみてください。頭の中心から空に向かって紫色のエネルギーが発しているのを想像しましょう。息を吸うと紫色の光が体内に入り込み、息を吐くと体の外に向かいます。呼吸をするたびに紫のエネルギーが上下し、神の意識とつながっているのを実感しましょう。

これらの瞑想はそれぞれ、チャクラセンターを活性化させ、体全体のエネルギーの流れを確保するのに役立ちます。どの瞑想があなたのニーズに合っているかをよく考えて行ってみてください。

 

翻訳元:https://chopra.com/articles/7-chakra-meditations-to-keep-you-in-balance

Recommend 関連する『7つのこと』記事

Page Top