今こそ手に入れたい、ジャンヌレの椅子はヴィンテージにもモダンにも

Date 2022.06.21

ル・コルビュジエの従兄弟にあたる建築家のピエール・ジャンヌレがインドのチャンディガール都市計画の為にデザインしたとされる今や大人気の椅子。そのシンプルで力強いデザインはどんなお部屋のシーンでも不思議と合います。

※ピエール・ジャンヌレについてもう少し詳しいことがお知りになりたい方はこちら、WELLBEING TOKYOがジャンヌレの椅子を仕入れるきっかけについてはこちらも合わせてご覧ください。

ジャンヌレの椅子の代表格、フローティングバックチェア

ジャンヌレの椅子、フローティングバックチェア

1955年から1956年にかけて製作されたこのフローティングバックチェアは、インドのチャンディガール都市計画と共にデザインした100種類以上の家具の中でも、大変人気のあるモデルです。

 

ピエール・ジャンヌレはチャンディガール都市計画の為に約14年間インドに滞在し、インド独特の気候などを考慮しながら現地で手に入るチーク素材や風通しの良いラタン素材などを使用しました。

 

また、短期間に大量の家具を制作する必要があった為、現地の数多くの工房での制作が必要でした。その為高さや幅など、それぞれ寸法などに若干の個体差があります。これはピエール・ジャンヌレの椅子の魅力の一つでもあり、コレクター心をくすぐるポイントです。

例えばジャンヌレの椅子を寝室に

ジャンヌレの椅子の寝室コーディネート

フローティングバックチェア1955年から56年にかけて、チャンディガールの事務局や管理棟などで使用するためのオフィスチェアとして制作されたものです。

 

直線的なデザインは力強く、寝室でも際立ちます。

 

ちなみに背もたれが浮いているようなデザインであるため、フローティングバックチェアと呼ばれるようになったそう。

ジャンヌレの椅子に感じるヴィンテージならではの風格

ジャンヌレの椅子の書斎コーディネート

背面のステッチからは当時の職人さんのクラフツマンシップを感じます。ヴィンテージならではの風格は格別です。写真のようにシンプルなデザインはモダンな書斎の家具とも合います。

 

シンプルなデザインが魅力のジャンヌレの椅子、ダイニングチェア

ジャンヌレの椅子、ダイニングチェア

このダイニングチェアはジャンヌレがチャンディガールのプンジャブ大学の図書館用に1955年から1956年にかけてデザインしたものです。

背面には数字のステンシルがあり、これは当時の建物や部屋番号を表しています。フローティングバックチェアに比べると少し色が濃いですが、同じチークとラタン素材です。

 

 

ジャンヌレの椅子をインテリアとして

廊下に並べてみると、絵画や絨毯ともマッチして、インテリアとしても、ちょっと一息着くのにも最適です。肘掛けがなく、シンプルなデザインなので限られた空間でもスッキリとします。

 

右奥の部屋からチラリと見えるダイニングチェアはモダンなテーブルに合わせています。異なる時代の家具ですが、違和感なくフィットしています。

リビングで寛ぎたいジャンヌレの椅子、イージーアームチェア

ジャンヌレの椅子、イージーアームチェア

イージーアームチェアもチャンディガール都市計画と共に1955年から1956年にかけてチャンディガールの管理棟で使用するために製作され、他のものと同様にチークとラタン素材で作られたものです。

フローティングバックチェアよりも少し背が低く、リビングなどで寛ぐのに重宝しそうです。

 

フローティングバックチェアと同じく、逆V字のデザインが特徴でシンプルで力強く、無駄のない普遍的なデザインが魅力的です。

ジャンヌレの椅子が持つ普遍的なデザインの力

ジャンヌレの椅子とインドアンティーク

イージーアームチェアインドアンティークとの相性は当然ぴったり、しっくりと馴染みます。

 

このように、ジャンヌレの椅子は寝室、書斎、リビング、ヴィンテージ感のある部屋はもちろん、モダンな空間、和風の空間などコーディネートの幅が広く無限大です。それはジャンヌレによる無駄のない直線的でシンプルなデザインの持つ力と言えます。

ジャンヌレの椅子は信頼できるところでリストアしています

ジャンヌレの椅子のリビングコーディネート

 

WELLBEING TOKYOで扱っているジャンヌレの椅子は、現地で熟練の職人が1点1点オリジナルの雰囲気を損なわないように丁寧にリストアしています。ラタンの四ツ目の編み方や、背面の縫い目など、ヴィンテージ家具ならではの風合いをお楽しみください。

ジャンヌレの椅子

WELLBEING TOKYOでお取り扱いしているジャンヌレの椅子をご覧になりたい方は是非オンラインショップをご覧下さい。

また、六本木のショールームでもご覧いただけます。

ショールームは完全予約制です。メールまたはお電話でお問い合わせくださいませ。

 

【時間】11:00~17:00 完全予約制
【場所】東京都港区六本木▼各日定員制
A.11:00~12:30
B.12:30~14:00
C.14:00~15:30
D.15:30~17:00
ウェルビーイングTOKYO
TEL:03-5561-6018
✉info@wellbeingtokyo.com

 

参考書籍、引用(筆者和訳)
LE CORBUSIER-PIERRE JEANNERET CHANDIGARH,INDIA
LE CORBUSIER – PIERRE JEANNERET CHANDIGARH, INDIA

Recommend 関連する『7つのこと』記事

Page Top